薬学生・薬剤師の就活転職サポート|㈱アシアトクリエイション

薬学生・薬剤師の就職応援・求人サイト
薬剤師の転職事情

高年収の案件は良い?キャリアは考えてる?

ここのところ調剤薬局の求人状況に変化が出ているのはご存知ですか?
ネット広告を見ていると、まだまだ「700万円以上」などの高年収を見ることもありますが、まずは客寄せのための広告です。もちろん、高い年収を出してくれる薬局もあるので、紹介会社は探しまくります。※私も探しまくりですが

新入社員の初任給は、平均すると28万円(薬剤師手当込み)くらい。これまでの昇給を考えると、毎年5000円の昇給があったとして、5年後(30歳)の年収は540万円くらい。残業入れて600万円くらいってとこですかね。
これまでは、地域薬局で30店舗くらいまでの会社であれば、こんな感じだったかもしれません。しかし、2016年の報酬改定から経営が厳しくなりつつある中、この給与を出していると会社が保たない状況になりつつあり、更に2018年の改訂ではもっと厳しくなると言われています。
このような状況の中、高給取りのベテラン薬剤師が追い込まれる事態になっています。みなさんは、当然ながら現状がわかっていても、1度手にした給与の幸せを崩すことができないのです。だから同じ給与以上の薬局を探すことになるんですよね。
給与を高く求めるのはわかりますが、あなたが入社することにより会社や薬局の収益が上がるなら高給でも採用されることになると思いますよ。
管理薬剤師の調剤薬局内の管理業務(責任)を求める時代ではなく、一般的な会社に勤める管理者のように、本来のマネジメントができる力が必要となっている時代です。

給与だけで転職をくり返しているとそのうち苦しくなります。若い頃に住宅ローンを組んで、お子さんが誕生し、子育てをしなければならない。お金が必要な時に苦しまないように、キャリアを考えましょう。

ちなみに、社会人研修は受けたことがありますか?薬剤師の資格だけではなく、社会人としての資格が必要になっている時代ですよ。