薬剤師転職相談|調剤薬局の正社員(常勤)求人・パート(非常勤)求人
薬剤師転職相談|㈱アシアトクリエイション
薬剤師転職相談|㈱アシアトクリエイション

【転職相談・ご紹介面談】

|薬剤師の転職相談窓口|


■薬剤師の転職活動をサポート■

転職活動で複数のエージェントをお使いの薬剤師さん、まだエージェントを決めていない薬剤さん、よくわからずに求人サイトに登録したらたくさんのエージェントから連絡が来て困っている薬剤師さん、モヤモヤ考えたり、悩んだりしているのであれば、ご相談ください。

★とにかく自分に合う求人を探して欲しい!
★他の紹介会社から紹介された求人案件があるけど、第三者的な立場の意見を聞きたい
★自己分析について聞きたい
★今は転職しないけど、相談だけという
★パート求人がなかなか出てこない
★関東に住んでるけど、地方の案件を知りたい
などなど転職に関するご相談、ご質問を面談形式にて実施

■面談場所:㈱アシアトクリエイション面談ルーム
■出張面談可能です。お住まいの最寄り駅などご指定ください
■面談可能時間:9:00〜20:00くらいを目安にご予約
■面談実施時間:1時間〜2時間※内容により異なります
■お問合せ:042-426-8083 下記問合せフォーム、メールにて

申込み・問合せ

面談ルーム営業時間・営業日


■営業日
 月〜日(不定休)
■営業時間
 10時〜18時
 ご来社の方は予約をお願いいたします。
 メールでのご相談はいつでも可能です。電話でも受付しています。
■住所:調布市布田3-1-7池田ビル202 京王線「調布駅」東口を出て徒歩3分ほど
■お問合せ:042-426-8083



転職相談キャリアコンサル

厚生労働大臣許可の就職・転職支援サービス

【有料職業紹介事業許可 13-ユ-309253】
当社の就職や転職の支援サービスは、全て無料にて実施いたします。ただし、面接などにかかる交通費については、自己負担となります。弊社との面談については、弊社から皆様のご都合の良い場所に出向いて実施することも可能です。弊社にお越しになっても、弊社からご指定いただいた場所に出向いても3,000円分のクオカードをプレゼントいたします。多少の額ではありますが面接費等の足しにお使いください。

【個人情報の取扱いについて】
有料職業紹介事業者に厳しく指導されている個人情報の取扱いですが、厳重に弊社事務所にて管理されます。
就職や転職の支援をさせていただく際の個人情報は、弊社にて大切に保管されます。面接や会社説明会や見学会に進まれるまでは、個人が特性される情報は求人側の会社や団体には開示いたしません。
研修やセミナーなどご参加された場合の個人情報につきましては、参加されるための情報としてお預かりいたします。弊社にて就職・転職支援サービスをご利用される際に改めて就職・転職活動用に個人情報をお預かりしますのでご安心ください。

調剤薬局の就活・転職活動の選び方、見つけ方のポイント

見学で薬局に入店した時の反応を見る
忙しくても挨拶をしてくれる、笑顔で迎えてくれる
患者様で混雑している時間と混雑していない時間を見る
両方見ることにより雰囲気がよくわかる
処方せん枚数よりも1人あたりの業務量を知ること
枚数が多いから勉強になるということはない
どのような患者様が多いのかをよく知る
病院門前はどのような病院の門前か、面受付でもどのような医療機関からの患者様なのか。来局される患者様により対応が変わる。調剤の薬剤師はモノではなくてヒトに対して仕事をすることにやりがいを感じる
在宅をやりたいと思っている場合は、勤務時間が長くなることを覚悟しておく
時間通り、出勤曜日通りに仕事ができないのが在宅。患者様が最優先なので、「残業は少ない」などの甘い言葉に左右されないこと
給料はトータルで見ること
基本給が高いか安いかを見極めること。住宅手当がどのように付いているかをしっかりと見て確認すること
給料が高いからといって飛びつかない。慎重に見ること
時間と給料は対価であること。給料が高ければ当然ながらそれだけの時間数を働くことになる。休日数にも影響しているから、休日数もよく確認すること
週休2日制にはいろいろある
現在では、週休2日制(日・祝+1日)のような表記が基本。しっかり記載されていない場合はどのような休日取得なのか確認をする

結局は、「自分がどのような会社(薬局)で仕事がしたいのか」「どのような生活を送りたいのか」「どのような薬剤師や調剤事務の仲間と仕事がしたいのか」などを考えて就職先を見つけましょう。薬局選びは本当に難しいですね。

よくある就活3つの相談

【質問】 研修制度が充実している薬局を知りたい

どのような研修制度がある薬局がいいのでしょうか?
研修って様々ありますよね。新入社員研修のプログラム、薬剤師の技術的なスキルアップ研修、薬の勉強会、薬剤師会の勉強会などなど。
技術的なスキルは、ほとんどの会社(調剤薬局)は、OJT(薬局現場)にて行っています。薬局現場で先輩がマンツーマンで教えていくことが中心。数ヶ月に1度、新入社員が集まって、どこまでできているか確認するフォロー研修があります。
実務的、薬学的な勉強会=研修としている場合と、ビジネススキルを高める研修の場合があります。会社により研修といったり勉強会と言ったり様々です。
あなたが研修に何を求めているのかが重要なので、何を望んでいるのか明確にしておきましょう。


【質問】 年収の高い会社(調剤薬局)に入社したい

会社として、組織として確立している会社(調剤薬局)に入社したいと考えているのであれば、初年度から高い給料を望まないこと。会社には、給与テーブルというものが存在します。昇給のしくみ、評価のしくみがしっかりと確立しているため、個人の事情に合せた特別扱いはできません。
個人薬局や、地域展開している調剤薬局だと年収は高い場合があります。ただし、その年収が高いことが、何を意味しているか理解をしておくべきです。
よーく考えてほしいのですが、どこの調剤薬局も患者様1人あたりの売上はほぼほぼ同じです。技術料で多少の差は出ますが、一般企業のように売上や利益を考えて商品を売っているのではないということです。もしあなたが、給与の高い会社を見つけたら、それがなぜなのか考えてください。そして、自分の給料分を自分で稼げるのか?ということも考えてください。新入社員を1人雇うのに、1ヶ月60万円は最低でもかかっていると考えたほうが良いです。人件費以外に、様々な経費がかかりますよね。売上はもちろん利益額が高くないと高い給料が出るわけがないのです。


【質問】 休日の多い会社(調剤薬局)に入社したい

私どもの調べでは、年間休日はどの調剤薬局も同じくらいです。120日前後。126日が1番多いと思います。有給休暇が取得しやすいかしにくかで探すと良いと思います。ただ、薬学生イベント(合同企業説明会)に出向いて話しを聞くと、どこの会社も、「休めるよ」「有休とれるよ」「連休で海外旅行に行けるよ」と、休みのことをやたらアピールする会社があります。有休は取得する権利が労働者にはありますが、忙しい時季などは取得しにくいです(雇用側には、時期変更権があります)。また、大型の連休を全員が取れたら薬局は誰が運営するのでしょうか?担当者のことを真に受けてはダメですよ。

これまで、薬局関係の就活サポートをさせていただいてましたが、少し勘違いをして情報を受けている薬学生や薬剤師を多く見かけてきました。
様々な求人の見方、薬局の見方、薬局見学の仕方、薬局の就職先の選び方をお話できる機会があればと思っています。